FC2ブログ
巨乳エロ女優でしか抜けない エロエロじゃぶじゃぶ グラビアアイドルと着エロ とろとろ熟女温泉
美乳美尻じゃなきゃ起たない フェチズムじゃぶじゃぶ エロ動画キャプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂季実子 巨乳と言えば

松坂季実子
松坂季実子 巨乳と言えば

「大妻女子大学短期大学部在学中スカウトされ、1989年にAV監督・村西とおる率いるダイヤモンド映像よりデビュー。当時のAV女優としては並外れた巨乳が大きな反響を呼んだ。

なつかしポルノ女優で抜きますか

バストサイズは「110.7センチ」としていたが、これは「イイオンナ」の語呂合わせで[1]、ダイヤモンド映像のプロデューサーだったこともある本橋信宏の著書によれば、実際は90センチ台だったという。

巨乳AV女優で抜きますか

また、ウエストの数字についても「若干の誤差がある」とのことである。AVは就職前に1本のみ出演の予定だったが、周囲に出演がばれてしまったことも手伝い、そのままAV業界に身を投じた。なお芸名は、当時のいい女の代表格と評された女優、松坂慶子の「松坂」と池上季実子の「季実子」を組み合わせたもの。



ダイヤモンド映像では毎月1日を「巨乳の日」と名づけて出演作をリリース。いずれも数千本~1万本前後を売り上げる大ヒットとなり、同社が1990年前後に一時代を築くきっかけとなった。人気が頂点にあった1990年には、AP通信がその人気を伝える記事を世界に配信したこともある。松坂の登場によりAV業界全体に「巨乳ブーム」が巻き起こり、「巨乳もの」はAVの一ジャンルとして広く認知されるようになった。

巨乳の女性に多く見られるように、彼女も思春期の頃より長らくの間、好奇の目で見られることが多い、大きなバストがコンプレックスだったとのことだが「AVに出た事で長所だと思えるようになった」と後に雑誌のインタビューに答えている。



活動中はメディアへの出演も非常に多く、『週刊大衆』誌では「『乳姫』がせまる!! 110センチぶるりん対談」(1989年5月8日号 - 1990年1月1日号)、「松坂季実子の乳'sステーション」(1990年1月29日号 - 1990年11月12日号)という長期連載を持ち、各界の著名人との対談をこなした。テレビの深夜番組にも進出し、レギュラー出演した『オールナイトフジ』では巨乳と男性の顔で風船を挟んで割るというコーナーが人気を呼んだ。

1990年4月にはテレビ朝日の『高円寺純情商店街』でテレビドラマに本格進出。同年夏にはAVを引退(リリースは10月まで)してバラエティタレントへ転向し、同年11月にはラサール石井とデュエットしたシングル「ソレソレどうするの?」もリリースした。



1991年春、突如業界から引退。プライベートな問題が背景にあったと報じられた。その後、OLとして通勤中の様子が『フライデー』誌(1993年9月24日号)に本人のコメント付きで掲載されたほか、大手広告代理店に派遣社員として勤めている様子が報じられる(『週刊ポスト』・1996年7月26日号)など、「あの人は今」的な雑誌の特集で度々去就が伝えられた。」

松坂季実子 巨乳と言えば画像はまだまだだ


-- iPhoneから送信
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。